日本製造と海外製造

ココマイスター
Pocket

日本の職人の技術は、製品づくりに対する厳しさと丁寧さ、ひとつひとつに込められた心遣いという点で、フランスやイタリアの職人よりも勝っています。

ココマイスターが国内で製造を行う理由として、縫製が細部まで美しく、仕上りに乱れがないこと、不良品を生まないこと、お客様の要望を素早く製品に反映できることや、アフターケアを行えることなどが挙げられます。

製品を作る工房はジャンルによって国内の工房を使い分けていますが、クオリティを上げるために、職人さんはその工房の中でマイスターレベルの方を指定し、同じ職人さんにずっと作り続けてもらっています。

関連記事
  • ギフト向け商品ランキング

    ギフト向け商品ランキング第1位ブライドル・グランドウォレット「ロイヤルブラウン」が定番、最近は「モスグリーン」が売れています。渋く深いモスグリーンは、他店ではあ ...

    2019/12/30

    ココマイスター

  • イタリアの皮と日本の皮

    イタリアンレザーは、染料や風土の影響で、日本やアジアの国が出そうとしても出せない色を出してきます。その色はとても発色が良かったり、または深く渋い色合いを持ってい ...

    2019/12/29

    ココマイスター

  • ヨーロッパのデザイン

    ヨーロッパのデザインに関して、こちらは感覚的ですが、ヨーロッパの商品は曲線の使い方が非常に繊細です。日本のデザインが劣っているという認識はありませんが、現代の日 ...

    2019/12/29

    ココマイスター

  • 皮職人の匠

    ココマイスターは日本の文化を伝えるというミッションのもとに、2010年に動き始めました。我々は、そのミッションに参加すべく、ココマイスターの製品を1つ1つ手作り ...

    2019/12/29

    ココマイスター