コーチの財布が人気の理由の一つとしてブランド品の割に低価格であることが挙げられます。

またコーチでは積極的にアウトレットを販売することで多くの人にコーチの商品を届けています。


コーチのアウトレット品というのは、メーカーが過剰生産したために余ってしまった商品を販売しています。

他にもほんのわずかなことで正規品としての基準から漏れてしまった商品。

販売シーズンが終了してしまいシーズンオフとなった商品。

製造過程においてほんの小さなキズがついてしまった商品。

ボックスや保存袋や付属品などがついていない商品を指しています。


日本で「アウトレット」というと「中古」とか「B級品」といったイメージがありますが、実際に販売されている商品は、シーズンオフ商品や余剰商品であり、中古品などではありません。

アウトレット品でも正規のコーチのアウトレットショップからきちんと購入したものであれば、アフターケアサービスを受けることができます。

通販で購入した財布やバッグなどもコーチの直営店に持参すれば修理をしてもらうことができます。

付属品については、アウトレット品にボックスはもともとついているものではありません。

保存袋に関しては、商品によってついているものやついていないものがあります。

有名ブランドによくあるギャランティカードなども元々コーチにはありません。


アウトレット品の見分け方として、シーズンオフ商品や余剰商品に関してはコーチがタグをつけ変えて再度商品として販売します。

タグの右上部分に品番が表示されているのですが、この品番の頭文字に「F」や「FS」とついていたらアウトレット品ということになります。

革製品の一部には生産国刻印のところに二重丸がしてあるものもあります。