日本の職人の技術は、製品づくりに対する厳しさと丁寧さ、ひとつひとつに込められた心遣いという点で、フランスやイタリアの職人よりも勝っています。

ココマイスターが国内で製造を行う理由として、縫製が細部まで美しく、仕上りに乱れがないこと、不良品を生まないこと、お客様の要望を素早く製品に反映できることや、アフターケアを行えることなどが挙げられます。

製品を作る工房はジャンルによって国内の工房を使い分けていますが、クオリティを上げるために、職人さんはその工房の中でマイスターレベルの方を指定し、同じ職人さんにずっと作り続けてもらっています。