イタリアの皮と日本の皮

Pocket

イタリアンレザーは、染料や風土の影響で、日本やアジアの国が出そうとしても出せない色を出してきます。

その色はとても発色が良かったり、または深く渋い色合いを持っています。

国内の革を使用するメリット、クオリティコントロールが比較的楽なことですが、革本来の風合いや色合いを楽しむには、イタリアンレザーが適していると言えます。

ただし、イタリアでもタンナー(革を作る工房)によって品質に差がかなりあるので、しっかりと見極めないと良い革は手に入りません。

コメントは受け付けていません。